忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

被リンク


サテライトサイトのウェブマスターツールの「サイトへのリンク」をチェックしてみました。被リンクはないだろうと思っていましたが、意外にありました被リンク。被リンクドメインは7件、その行にリンクされているページの数が表示されています。ドメインを見るとほとんど無料ブログからのリンクでした。fc2.com、jugem.jp、seesaa.net、ameblo.jp、yaplog.jp、exblo.jp、orikon.co.jpの7件のドメインからです。ドメイン名をクリックすると、リンクされているページを確認することが出来ます。被リンクが多ければ検索エンジンからの評価は高いので、これは喜ばしいことです^^。相互リンクではないのでさらに評価が高まります^^。いまだに相互リンクの評価は低いままです。もしかすると、相互リンクは、このまま評価が低いままなのかもしれません。相互リンクだと自作自演が可能ですし疑われます。

Yahoo(=Google)検索は更新URLに対して得点を一時的に与える。ブログの定期更新はSEO対策になる
Googleページランクの更新
被リンク対策とリスクはセット。末端URL群でSEO集客しリスク限定
リンクジュースは昔ほどサイト内全域に流れ込まず。SEO戦略転換必要
SEO情報の大半は観念。「現実」に基づいたSEO対策情報のみ収集価値有り
競争激化で上位表示に要する期間長くなる。年々厳しさ増すSEO競争
ムーアの法則に乗ってGoogle検索エンジンは進化。能力は2年で倍増
コンテンツ無しURLに被リンク集めるとペナルティが発動。Google検索
各国Googleのベース(検索アルゴリズム)は同じ。英語圏SEOも対応可
ペナルティ最も多いのは被リンク周り。コンテンツ周りもあるが少ない
SEO集客成功の決め手は戦略。戦理・競争の原則に基づいた弱者のSEO戦略
Google、「マイナス評価」導入と「コンテンツ優先・被リンク劣後」へ軸転換
本文(コンテンツ)のテキスト量と発リンク数。SEO効果高いのどっち?
内部対策ではページ自体の修正や再作成は必須。やらないなら負け確定
検索結果で上位表示され且つ人気ある商品であれば嫌でも「売れて行く」
名サイト管理者ほどSEO・SEMの大局判断誤ら無い。大局の正情報把握が命
PR