忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

初歩的


・・・、うちは悩んでいることがありました。Web。Web←の読み方というか表示の仕方に^^;。めっちゃ初歩的でびっくりしちゃう(笑)。「ウェブ」か「ウエブ」かで悩んでおりました・・・^^;。でっかいエなのかちっちゃいエなのか。正しくはウェブ、小さいェでした。もう一つ悩んでいることがあります。これも初歩的なことでびっくりすると思います・・・^^;。これも小さい文字か通常の文字で表すかで悩んでおりました。「ウイルス」「ウィルス」・・・^^;。英語の綴りを見れば簡単だったと判明しました。ウイルス→Virus。ウェブ→Web。ハァ・・・、恥ずかしいうえに恥かきっこ・・・^^;。しかし!!!、これで完璧なので、無駄なことは何一つない!はず・・・?(笑)。記事の中で、ごくたまに(?)ウエブやウィルスの間違いがあるかもしれませんが、もう今は完璧に覚えましたのでどうか以前の間違いは見逃してやってください^^;(笑)。今後は大丈夫です!。

SEOサービスに順位保証は無い。故にSEO玄人のサービス選ぶ事が大事に

退行催眠について
退行催眠

順位が安定するURL。コンテンツのキーワード最適化と情報量がカギ
発リンクよりも被リンクの方が検索順位に大きな影響与える
「高度な技術」が本当に必要とされるのは被リンク対策。内部対策に非ず
賢い検索エンジンGoogleで上位表示迄に必要な期間。ビッグキーワード
余計な被リンクが付いて無いURLほど被リンク対策で容易に順位上がる
被リンクSEOは「コンテンツ被リンク+ROS被リンク」型が最強。リスクと質
2011年~2013年は検索世界の変り目。この期間挟んで旧時代と新時代に
重複コンテンツ(非正規コンテンツ)対策。メタタグnoindexが効果的
輸入・内需型企業は余力ある内にSEO対策した方が良い。円安増税の逆風
重複コンテンツ放置によりWebサイトに齎されるSEO集客「不利益」2つ
弊SEOサービスの多くは2階建ての契約。1階部分の契約は終了後も残る
コンテンツ内の発リンクも「コンテンツの質」に影響。パンダアルゴ対策
Webサイトのスクラップ・アンド・ビルド、更新優先度低いサイト閉鎖、更新優先度高いサイト新規建造
競争激しいキーワードほど上位表示に時間要するが対策すれば上がる
PR


メインブログのインデックス数もチェックしてみました。が、不思議なことに減っている・・・。なぜ減っているかというと、404エラーと指摘されたページを修正済みと報告したから、Googleのクローラーがメインブログの情報を収集した時にそれに気づき、404エラー統治が報告したページをGoogle側でインデックスから削除したために、ウェブマスターツールのインデックス数が減ったのかなと推測。インデックス数のグラフが表示されるん度エスが、順調に増えていたのに先頃から少しグラフが下がっているのです。うちはメインブログをよく更新しているので、逆にインデックス数は増えていいと思っているのですが、なぜか若干減っているというこのナゾ・・・^^;。そして記事を削除した覚えは一切ないのに404エラーになっているページがあることへの矛盾・・・。おかしいなぁ・・・。思いでブログだから削除するはずはないのですが・・・。でも404エラーというのならそうなのでしょう・・・。

池袋のカウンセリング業者
池袋 カウンセリング

複数サイトの共通部分が同じ記述でも不利益は受けず。コンテンツは?
完結型SEOサービスは「コンサルティング+被リンク対策」で構成される
「不動の1位表示」「不動の上位表示」は1年から2年程度で達成する事多し
Bing検索でも順位を上げておいた方が良い。NAVER検索は現時点では無視で大丈夫
記事投稿を1つのブログに「一点集中」させYahoo(=Google)での評価を高める
新規の独自ドメインでも直ぐに検索エンジン経由の「集客数」増やせる。中古ドメイン不要
コンテンツと関連する発リンクの数は多い方が良いか?SEO効果小さい
「迷ったら動かない」(やり方を変えない)。SEO・被リンク対策の鉄則
オリジナル部分・コンテンツにキーワードを十分記述するとSEO効果大
SEO対策中に社会問題化したキーワードでのサービス継続利用は御断り
ペナルティは有料リンクでも発動せず。被リンクSEO技術の高低で発動す
毎月の被リンク対策効果の最大化に必要な「規模の最適化」という視点
Google検索順位大変動。ペンギン2で被リンク緩和。再度被リンク寄りにアルゴリズムアップデート
SEO業者選びのコツ。経験値と未来予測能力が重要。知識と技術は当り前
中小検索エンジン登録で期待できるのは「短期的な被リンク効果」のみ

被リンク


サテライトサイトのウェブマスターツールの「サイトへのリンク」をチェックしてみました。被リンクはないだろうと思っていましたが、意外にありました被リンク。被リンクドメインは7件、その行にリンクされているページの数が表示されています。ドメインを見るとほとんど無料ブログからのリンクでした。fc2.com、jugem.jp、seesaa.net、ameblo.jp、yaplog.jp、exblo.jp、orikon.co.jpの7件のドメインからです。ドメイン名をクリックすると、リンクされているページを確認することが出来ます。被リンクが多ければ検索エンジンからの評価は高いので、これは喜ばしいことです^^。相互リンクではないのでさらに評価が高まります^^。いまだに相互リンクの評価は低いままです。もしかすると、相互リンクは、このまま評価が低いままなのかもしれません。相互リンクだと自作自演が可能ですし疑われます。

Yahoo(=Google)検索は更新URLに対して得点を一時的に与える。ブログの定期更新はSEO対策になる
Googleページランクの更新
被リンク対策とリスクはセット。末端URL群でSEO集客しリスク限定
リンクジュースは昔ほどサイト内全域に流れ込まず。SEO戦略転換必要
SEO情報の大半は観念。「現実」に基づいたSEO対策情報のみ収集価値有り
競争激化で上位表示に要する期間長くなる。年々厳しさ増すSEO競争
ムーアの法則に乗ってGoogle検索エンジンは進化。能力は2年で倍増
コンテンツ無しURLに被リンク集めるとペナルティが発動。Google検索
各国Googleのベース(検索アルゴリズム)は同じ。英語圏SEOも対応可
ペナルティ最も多いのは被リンク周り。コンテンツ周りもあるが少ない
SEO集客成功の決め手は戦略。戦理・競争の原則に基づいた弱者のSEO戦略
Google、「マイナス評価」導入と「コンテンツ優先・被リンク劣後」へ軸転換
本文(コンテンツ)のテキスト量と発リンク数。SEO効果高いのどっち?
内部対策ではページ自体の修正や再作成は必須。やらないなら負け確定
検索結果で上位表示され且つ人気ある商品であれば嫌でも「売れて行く」
名サイト管理者ほどSEO・SEMの大局判断誤ら無い。大局の正情報把握が命